FC2ブログ

made in Japan で M2F

心と身体の私的記録です。

7月分雑記

こんなニュースがありました。

性同一性障害、保険証に戸籍と異なる性別容認へ

これって国の保険証だけですか?
というか、自動車の運転免許証はかなり昔から性別表記がありませんよね。
それで一般に身分証明として使われてきたなら、表記しないで済む話では?

「心の性が…」とのたまってるけど、心の性って何?心に性別があるの?
アニメ「リボンの騎士」を見てたときは、男女の心が別々だと思ってた。
実際、大人になってみると、心なんてその人それぞれの個性であって、性別という区分はないのじゃないかと思う。
男女で思考が違うでしょ、とおっしゃられるかもしれないが、それは考え方であって心じゃない。
確かに行動様式に男女差があるような傾向が認められるし、というデータが認められるかもしれないが、心に性別があるとか、という問題ではない。
遺伝子ゲノムが解析された現代にあっても、遺伝子レベルで決定しているという話も聞かない。
だから、私は環境素因が最も大きいものだと考えます。

だからと言って、自分が子孫を残さない選択をしたのは周囲の人たちの自分への接し方のせいだとは申しません。
一般平均的な状態とアスペルガー症候群との間の自閉症スペクトラムのきわどい境界にいるのが自分ですから、結局、原因なんて、現状では誰にもわからないのですよ。
それをはっきりさせたからって自分が今更変わるわけでもないし、周囲の人々の対応が変わるわけでありません。
大事なのは、過去の原因じゃなくて将来の生き方です。

というわけで、保険証の表記が大事な人がいるのでしょう、きっと。社会的に性別が、自分の想定した範囲内で、きっちりと認められることでアイデンティティーが得られる人が。
インターセクシャルという存在が認められながら、確かに社会的に男女のどちらか一方の所属が義務づけられます。
それに逆らってXジェンダーとする人たちもいます。

そこで私は考えるわけですよ。
性別のレッテルってそんなに必要なものですか?と。
愛する人が男であろうが女であろうが、その人を愛したんだから性別は関係ない、と言う人がいますよね。
私もそれと同じく、自分が男であろうが女であろうが、自分は自分なんだから性別は関係ない、そう考える人たちがXジェンダーなんだろうな、と。
彼らは周囲が性別を気にする以上に、性別を気にしてるように見受けられます。
別にどうだっていいじゃん、というのが私の立場です。
男で有利なところは男で、女が有利な場面では女として切り抜ければ幸せなんじゃない?と 考えるわけです。
それが許される環境にいるのは、本当に幸せなんだろうな、と実感する次第です。

スポンサーサイト



PageTop

6月分雑記

ちょっと更新が遅れまして、ごめんなさい。

「男装女子」だけが掲載されたファッション誌

これまで女装者だけが掲載された雑誌は比較的多くあったけど、確かに、男装女性系はコスプレ以外なかった。
つか、この雑誌のモデルもメイクをしているという時点で、ファッション誌というよりはだいぶコスプレ系に偏ってる気はする。
mixiなんかでも、確かにF2Mっぽいのが増えてるんだよね。
但し、自分でそうなのではないか?と思ってるだけで、決定権は第三者にあると考えるオカシな女の子ばっかりだけど。
自分の性別なんだから、自分で判断できることじゃない?
男性でも女性でもない、中性に逃げる人が多いのも特徴。
昔から無性(アセクシャル)はあるんだけど、そっちじゃないんだよねぇ。
中間なの。
どっちつかずが落ち着くって、結構女性的だと思うのですよ。

さてさて、なんか、下ネタの迷惑コメントがついたところで、この話題を振るのも気がひけるんだけど、オナニーについて経過?報告。

今のところ、達するのは2回に1回、かな?
竿があった頃は、ただ単純に慰めてやるだけで、気持ちは関係なく、肉体の処理ができたわけだけど、無くなった今、前準備として、表現しづらい感情の高まりが必要。
その気持ちが弱ければ途中でやめちゃうし、続けていても達しない。
女性の場合、前戯が重要だと言われるのはこのことだったのね、と実感。

もともとマスターベーションを嫌悪してたからだと思うけど、竿があった頃の感覚がどうだった、思い出すのが難しくなってる。なので、簡単に比較はできないけど、あの頃はホントに肉体の一部分だけの火照りを治めていたように思う。今は、来るときは下半身全体に痺れが走って、出るものがないので、イッた後にじんわりと普通の感覚に戻る印象。
竿があるときは、直後に萎えたところで続けてなでてやっても、気持ちが悪いだけだったけど、今はイッたあともしばらく行為を続けているのも悪くはない感じ。疲れるし、果てないので、すぐやめるけど。

はい。手術してもオーガスムスは得られる、という話でした。

PageTop

5月分雑記

手術後の手入れに参考になるかと思い、備忘録的にリンクを貼っておきます。
アソコのにおい対策!

まあ、女性として、直接的表現をするのがみっともないとかいうのかもしれないけれど、自分で自分の大事な箇所について話すのに「アソコ」と表現するのはどうかと思う。
別に「膣」でも「女性器」でもいやらしいわけでもないし、却って潔いと思うのは私が男だからだろうか?

実はそんなことより、術後、やっぱり自分ですごく臭いが気になったわけです。
前にも書いたように、陰唇中の良性バクテリアの安定化により、だいぶ治まってるとはいえ、「もしかしたらまだ臭ってて、自分で慣れてしまったのかも」と思うと、なかなか香り付きのパンティーライナーが手放せない状態です。
たとえ、おりものが出ないとはいえ、本来はリンク先にあるような手入れを始めたほうがいいのかもしれません。
(もし、膣を造ってたら、自然な状態と違い、ほぼ自浄作用がないから、ただ洗うだけじゃなく、手間をかけないといけないでしょうね。特に腸を使った場合には、最初の臭いがキツいといいますし。)


さてさて、前回ヒップサイズの話をしました。
一番大きくなったのはどこかというと、確かに下腹部がポッコリしてきているのは事実ですが、どうもいわゆるお尻のエクボのあたりにも肉がついてるようです。
大きくなるということは、加齢による垂れ下がりの影響が大きくなるということです。ワコールの研究では、一度垂れた尻はどんなガードルで矯正する生活をしようとも、どんな運動をしてお尻の筋肉や脂肪を整えたとしても、例外なく二度と垂れる前の状態には戻らないそうです。つまり、垂れたら最後。垂れる前にガードルなどで支えるとか、ヒップアップの運動をする、というのが正しい対処方法です。
いや、わかってはいるんだけど、なかなか、ね…。

コルセットは未だ目立った効果はありません、ってなコトはない。
当初は座っても苦しかったけど、最近はその苦しさが軽くなりました。
慣れただけ、だけど、きっと。

PageTop

私設図書館FOR女装者

女装子だけが入れる図書館

最近、女性&女装した男性に対して割り引きが適用される野球観戦、みたいなニュースがありましたね。
あんなようなシステムでしょうか?

ひっかかるのは「女装子」という呼称を当事者が抵抗無く受け入れていること。
もともと差別用語であったものが、使用されているうちにその意味合いを失った希有な例だと思います。
日本って、もともと差別の意味合いが含まれていなかったものが、ヘンな風に広がって、国やマスコミによって規制される言葉が多いのに。

図書館そのものについてはノーコメント。

PageTop

将来的には保険適用?

9日の週プレNEWSにこんな記事がありました。

最短でも2年待ち?「男→女」性別適合手術に予約が殺到しているワケ

>最近はネット上でGIDと診断されるための模範回答が流出しており、おそらくカウンセリングの手法がバレてしまっている。GIDを見抜くのが非常に難しくなっているのが現状です

GIDかどうかを判断してもらうためにジェンダークリニックに通うのではなく、手術のためのGID証明書が欲しくて医師の面接を受ける。
今に始まったことじゃないけど、非常に違和感がある。
GID診断書がなくても手術していただける病院が国内にあるのも昔から。
じゃあ、なんでGID証明書をわざわざ取るかと言えば…

>病院によって多少の差はあるが、国内での性別適合手術(男→女)は患者の全額負担で費用は約170万円。今までは高額な費用負担を嫌って手術を断念する人や、手術費が安いタイなどに渡航する人が後を絶たない状況でした。

タイで手術を受けるために必要だから。
タイで手術費用が安く済むのは自力でアポイントを取って、自力で医者と相談した場合の話。
信用できるアテンダントを利用すれば、ほとんど費用は変わらない。
(この記事では日本で約170万とあります。私の場合、造膣しなかったので宿泊費その他諸経費を合わせても150万以下でした。あとはタイのアテンダントのサイトなどで基本料金を見てみてください。あまり変わらないことがわかります。)
むしろ、日本のほうがアフターサービス面で有利。

一生に一度(だよね?)のことを値段で決めるのか?
違う、タイのほうが数多くの手術をこなしているので、経験値が高いと思われ、安心できるから?
だからってそのためにわざわざ、病気だと証明書付きで宣告されたがるのが理解できない。
どうせ他人事だから、あんまりゴチャゴチャ言いたくないけど、
術後に「GIDじゃなかったのに、それを見分けられず証明書を出した病院が悪い」と逆恨みするのだけは止めて欲しい。
他の手術希望者に迷惑だ。

PageTop