FC2ブログ

made in Japan で M2F

心と身体の私的記録です。

そりゃ男性が混ざってるとは思わないでしょう

レディースクリニックに行く以上、最低限女装はしなければなりません。
いや、男装でもいいのかもしれないけれど、好奇の目にさらされる覚悟はできません。

最初に目をつけた病院で、まず来院の目的を告げ、保険証を見せて、男性である旨を申告したら、
「ちょっとお待ちください」と言われて、結局、断られました。
次の病院では、まずカウンセリングからということで、院長と話すことになりました。

なんでも、男性でHRTをお願いにきたのは私が初めてではなく二人めらしいです。
それで迎えてくれたのでしょう。
血液検査のために採血して、それで後日改めて、と思いきや、ちゃんと注射をしていただきました。
それ以降、院長と話す機会もなく、年に一度の血液検査の採血以外はずっと注射だけの通院です。

行けるのが土曜日しかなくて、早く行かないと混んじゃうんで、それが大変です。
女装って結構手間がかかるんです。化粧に慣れてないせいもありますが。
新宿の花園医院だったら、男装でも、女装でも好きな格好で行けたのですが、最低条件として女装しなければならないのは結構ツラいものがあります。

自由が丘クリニックのホームページだったと思うのですが、肩もお尻も注射の効き具合は一緒だと書かれていたのを読んだことがあります。ホントにお尻が一番いいなら、予防接種などを肩にするわけがないだろう、という理論です。
でも、受ける側としては、お尻に射つ位置によっては最大の効果が得られるのではないか、と感じます。
その理由として、新宿で肩とお尻の両方を経験しているわけですが、特に差異は感じられません。
しかし、今回レディースクリニックでの注射の効果にはめざましいものがあります。
それはそれまでに男性器が徐々に弱ってきた段階からの効果であり、それを差し引けば同じだとも考えられますし、
個人差もあることでしょうし、証明はできませんが。

花園医院では適当に腰の横に注射、という感じでしたが、このレディースクリニックでは中央から指で距離を測ってそこに射つ方法をとっていました。

これでHRTに困ることはないだろうと思っていたのですが、このあと国外へ転勤しなければならなくなるのでした。

スポンサーサイト



PageTop

手術して10年、かぁ…

歌を歌うのが好きです。
一時期、歌手になる夢を持ってたくらい。
手術するということは、それをあきらめることとイコールだと思ってたから、
声帯をいじることにはすごい葛藤がありました。

で、現在の結論。思い通りに声を出せないけど、歌えるからいいや(笑)。

1年位、自分の思った音程を出せなかった。
そりゃ、そうだよね。のどのしぼり方をまた最初からやり直すことになるんだから。
そして、また、中年を越えて壮年の域に達するというこの時期、
のどの老化が目立ってきた。
いわゆる声にハリがない。力んで発声しないとカスれる。
まぁ、これは手術とは全く関係ないこと。
やっぱりやるなら若いうち、ということだ。

声の高さの実感って、あまりなかったりする。
なんだろ、喉仏の切除で、手術前は高い声を出そうとすると骨が干渉してもう出せない音だったのが、出せるようになったのがうれしかった。
(♪ブロッカー軍団マシーんブラスター…の「ん」の音が余裕で出る!)
代わりに低い音が出ないので、オリジナルの音程で歌えなくなった曲もある。
(♪ワイはガブラや 怪力や…)
ん~、アニメソングじゃ例が悪いかな?
村下考蔵の歌で感情を乗せて高い音が出せるようになった。ダミ声で浪曲子守唄が歌えなくなった。
と言えばわかりやすいか?

とりあえず、女装したときは意識して高めの声を出しているせいもあって、「ん?」という顔はされません。
普通に低い声の女性もいますから、ヘンな声でなければヨシ。
世の中にはアニメ声を出そうとがんばっている男性もいらっしゃいますし、
どういうレベルで自己満足するか、結局はそこに行き着くのでしょう。

私の目標は女声ではなく、少年声でした。
もう、一色先生の診察受ける段階から、そのレベルで自分は納得するんだ、と思ってました。
高望みしたって、できないものはできないんだから、できないときがっかりするくらいなら、
目標を低くして、手術した結果に満足を覚えるほうがいいという、自分にとっては論理的な考えからです。
自分の声を自分で冷静に判断できないけど、たぶん目標は達成したと思います。

PageTop

だんだんと具体的な話になってきました

ああ、だいぶ放置してました。
進展がなかったということなんだけど。
とりあえず、本社の上層部に長期休暇の打診をして、
おおむね受けつけてもらえそうなところまでこぎつけました。
あとは日程を申請すれば、まあ、社長の許可は降りるでしょう。

タイの病院ではHRTを手術前の半年間中断する必要があるようですが、
今回お願いする病院では1ヶ月前からでいいそうです。
実は4月から一旦中断したんですけど、今月から再開してます。
イライラするくらいなら、HRTを続けてください、というアドバイスをもらいましたので。

経験上、3ヶ月中断すると更年期障害らしき症状が出るのですが、
再開してみて、2ヶ月でも出てたみたい。
思い返すと、5月中、すごく精神的に参ってたから。
薬でそこまで左右されるなんて、不思議だよねぇ…。

手術を依頼する病院から、事前に血液検査を受けるようにと言われました。
早く言ってくれればいいのに。
もっとも手術予定日の3ヶ月前までの受診でなければならないので、十分早いのですが。
でも、病院を捜す手間がありますから。
ここは日本と違うので。

あと、手術前の3日間、流動食のみとも言われました。
お酒は?ゼリーは?ヨーグルトは?プリンは?チョコレートは?
結構、甘いものが好きなので、お医者さんにあとで聞いておこう。

PageTop