FC2ブログ

made in Japan で M2F

心と身体の私的記録です。

2011血液検査結果

SRSから1年経って初めての血液検査の結果が出ました。

いつもの通り、総コレステロールとLDLコレステロールが若干高め。
これは10年以上続いているので、ほとんど個性。
医者は運動不足だというけど。
まぁ、それもあるかもしれない。
だって、筋肉を落としたいんだもん。
(もっとも、今住んでる国の料理の選択自由度からすると、コレステロールが高くなるのはほとんど不可抗力。)

さて、今回の目玉というか、問題は尿からPus cellsが検出されたこと。
加えて、血液検査のDifferential Countでリンパ球と単球が多め。
これから推測すると、何かの感染症に軽くかかったかかかっているか、ということになる。
まぁ、医者じゃないので、外れているかもしれないが、心当たりはある。
膀胱炎もしくは腎盂腎炎。そこまでひどくなくても、その傾向がある。
手術して尿道が短くなったし、あれやこれやで細菌がちょいと繁殖すると痛みが出たことがある。
おしっこを我慢すると、ダメだね。非常に慢性化が怖い。
でも、抗生物質を飲むとたちまち回復するし。(つうか、飲まないと治らないんだけど)
ここいらへんのことは予備知識になかった。
ウォッシュレットが欲しい(苦笑)。

ついでだけど、標準値に男女差がある項目について。
赤血球数、血色素量、など。
精巣がなくなって、完全に女性寄りになったかと予想してたんだけど、違った。
SRS前の段階で男女差といっても重なる範囲内に落ち着いていて、そのままだった。
不思議。
まぁ、男性の基準値からはずれて女性の基準値に移行すれば、したで、男性としてはおかしいということでドクターチェックが入るので困るんだけど。

スポンサーサイト



PageTop

健康診断

実は仕事の都合上、年に1回の血液検査が法で義務づけられている。
一般的な内容はこの結果を並べると、HRT前後での比較が容易にできる。

HRTを進めるに従って、男女で差が標準値に差がある項目については徐々に女性の数値に近づいて行っている。
この話は以前にアップした記憶があるので繰り返しです。
特に下がるのが血の重さ。要するに貧血気味になっていく。
そのため、鉄分の補給を心がけた食事をするようにして、ようやく標準値をクリヤーしている状態。
生理というものがないのにこうなると、生物学的女性はもっと大変だということである。
それに気付いてから、ちょっと女性を見る目って変わった、かも。

で、先週、術後では初採血となる。
術前に病院に健康状態のチェックのために検査して、それから1年で恒例のチェックというわけ。
その結果については後日あらためて記載することもあるだろう。
まだ、術後、1回目だけど、回数を重ねて傾向が見えれば面白いデータになるのではないかと思う。

しかし、ここで話したいのは、直接の血液検査のことではない。
同時に行う尿検査のことだ。
術前はちょんちょこの先にカップを持ってきて放尿するだけで済んだものが、術後の今では、自分の尿が出てくる場所を予測できないと粗相する可能性が高いということで、本番に臨み、結構緊張した。
術前には、尿を途中で止めることも自在にできたけど、術後はなかなか思い通りにいかないこともあって、そういう意味でもドキドキものだった。
実際には問題なくできたものの、このときほど、一筋になって放尿される仕上がりになってくれて良かったと思ったことはない。

PageTop