FC2ブログ

made in Japan で M2F

心と身体の私的記録です。

12月分雑記

あれぇ、先月分のがアップされてないや。
心に性別ってあるんかいな?ってぐだめいていたのに。
愚痴に近いので、今更、タイプし直す気もないからいいけど。

ええっと、あけましておめでとうございます。
今年も忘れられそうな頃(忘れられた頃?)、更新して参りますので、お付き合いできる奇特な方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

ちょこっと修正の手術をして、もう4ヶ月経とうとしてるんですね。
早い、早い。
2011年は、この手の手術は術後すぐにいいとか、おかしいとか判断するのは焦燥だって、思い知った1年になります。
陰裂がいつになったら形が整うかなぁ、と期待してた前半。
結局、ダメじゃん、とお医者さんのところに文句を言って、再度手を加えてもらったのが一周年記念(後半過ぎ)となり、形状に納得(満足、じゃないんだよなぁ)できるようになったのが、ほとんど年末。
それまでは腫れてたんでしょうね、なにこの垂れ具合、なにこのかゆみ、なにこの感触、といった不満ばかりでしたから。まぁ、そういうもんだという慣れやあきらめもあるのかもしれませんが、これはこれでアリじゃね?とようやく思えるようになりました。
自分で言うのもなんですが、家庭が平均より不幸だった分、ポジティブ思考を躾けられてます(笑)。

あと、ようやく尿道の短さに慣れたのかな。
長かったときは、それこそ2時間以上尿意を我慢できてて、その感覚でしばらくいたので、ちょびっと漏らすこともしばしばあったけど、今は自分の限界を理解できた、というか、身体で知ったので、生活が楽になりました。
自分でも恐れていた膀胱炎の慢性化もなく、今では抗生物質に頼る必要がなくなったのが、しみじみうれしいです。おそらく、新しい尿道の粘膜を覆う微生物(だよね?)の安定化ができたのではないかと思ってます。
いわゆる自浄作用が働いている、って感じ。

新年にあたり、今年の抱負を述べるところですが、特にありません。
強いて挙げるなら、温泉に行きたい。
普段はゆったり湯船にすらつかることができない生活なので。
ホント、日本人だなぁ、って思います(苦笑)。

スポンサーサイト



PageTop